ハローワークで求人を集める時の注意点

早く求人を出した方が良い

足りない人手を募集する

求人をハローワークに出しているのになかなか人が集まらない会社は、求人の書き方に問題がある可能性が高いです。 簡単な仕事を書くのは良いですが、何をするのか具体的に書いていないと仕事を探している人は不安になります。 具体的に仕事内容を書けば大丈夫です。

文字数いっぱいに書いてみよう

ハローワークに求人を出す時は、文字数いっぱいにすることを心がけてください。 制限された数の、半分ぐらいの文字数でもハローワークに提出することはできます。 ですが求人を探している人の目に、入りにくいデメリットがあります。 たくさん書くことで求人が目立ちます。

年齢制限を決めてはいけない

日本には、雇用対策法という法律が決まっています。 働く社員を雇う時に関して、まとめてある法律のことを言います。 雇用対策法では、働く人に年齢制限を付けてはいけないという決まりになっています。 ですから、25歳以上の人を募集というように書かないでください。

仕事内容を説明しよう

仕事をする時に、人数が足りないと作業効率が悪くなります。
すると経営状態も悪化するので、良いことがありません。
何とか作業効率を高めようとすると、社員1人1人の仕事量を増やそうと考えている人もいます。
ですがそれでは負担が大きくなり、もっと作業効率が悪くなるのでおすすめできません。
最も良い方法は、社員を増やすことです。
簡単ではありませんが、ハローワークに求人を出すことで叶えられるかもしれません。
求人を出す時は、ポイントがあります。
ポイントを抑えていないと、何の仕事をしているのか分かりにくい求人になります。

何をするのか分からない会社は、怪しいと思われるので仕事を探している人は避けます。
仕事内容を、分かりやすく書くことを意識してください。
また、アピールポインを作ってください。
具体的には、会社の魅力になります。
初心者でもできる、先輩が分かりやすく仕事を教えると言った言葉があれば、誰でも安心して働けるでしょう。
なるべく、たくさん書いてください。

ハローワークの求人は、掲載できる文字数が決められています。
少ない文字数の求人より、多い文字数の求人の方が目に留まりやすいです。
たくさん書きたいことがあると、制限内に収まらないかもしれません。
文字数が制限を超えてしまった場合は、削っても良い部分を探してください。
何度か添削すれば、読みやすく仕事内容が分かる文章が作れるはずです。
ハローワークを使って、新入社員を集めましょう。