>

足りない人手を募集する

相手に伝わるように書こう

パソコン関係の仕事だけ書いている求人が、多く見られます。
ですがそれだけでは、具体的にパソコンを使ってどのような仕事をするのか分かりません。
パソコン関係の仕事ができる社員を募集したい場合は、ソフトを使って会計処理をしたり、書類制作をするというように具体的に書くのが良い方法です。
すると、パソコンの扱いに慣れている人が来てくれます。

仕事内容を具体的に書かないと、目的の人物とは異なる人が来る可能性があります。
採用するわけには行かないので、また新しい人材を探さなくてはいけません。
長い時間が掛かります。
仕事内容を分かりやすく書くことで、本当に求めていた人材が来てくれるでしょう。
すぐ採用して、力になってもらいましょう。

アピールポイントを書く

会社の魅力を伝えることで、興味を持ってくれる人が増えます。
初心者でもできると書いたり、研修期間があると書くのが良い方法です。
また、資格を持っていると優先して採用すると書くのもおすすめです。
資格を持っている人は、即戦力になります。
採用して、すぐ仕事を任せられる人を求めている会社もあるでしょう。

資格を持っていたり、経験者優遇と書いてください。
ポイントは、優遇すると書くことです。
何もメリットが無いと、資格を持っていてもその会社で働きたいとは思いません。
この会社で働きたいと、相手に思わせることが重要です。
求人を書く時は、何が会社のアピールポイントになるのか考えてください。
分かりやすいアピールポイントにしましょう。


この記事をシェアする